最近のお知らせ

---

※今年もシンポジウムを開催します(日程確定しました)。

公共施設整備に求められる「こと」「もの」 ~多世代共創・産官学連携の公共資産整備の実現に向けて~
第3回BaSSプロジェクトシンポジウム3 days

日本全体が人口減少と財政悪化に向かうなか、公共施設や土木インフラなどの危機的な現状を打開するためには、自治体単独ではなく住民や民間企業、大学などとの多世代共創・産官学連携による公共施設整備が欠かせない。しかし多くの自治体では、具体的な解決手法を手探り状態で模索している状況である。そこで本シンポジウムでは、多世代共創・産官学連携による公共施設の整備手法、そして今後の公共施設整備に求められる「こと」「もの」について、会場全体で議論を交わしたい。

共催: 豊島区、会津若松市、「地域を持続可能にする公共資産経営の支援体制の構築」プロジェクト
後援: MoRE(公共所有不動産の経営研究)、 MoGRE(群馬施設管理研究会)

[開催日時・会場] ※共通:自由参加・会費無料
1.豊島区
日時: 2019年1月28日(月) 18:00~20:30 (開場17:30)
会場: としまセンタースクエア
2.会津若松市
日時: 2019年2月10日(日) 14:00~16:30(開場13:30)
2019年2月11日(祝) 10:00~12:00(開場9:30)
会場: 生涯学習総合センター(會津稽古堂)多目的ホール

※共通:自由参加・会費無料

---

会津若松市:3地区合同市民ワークショップの開催
→2/10,11シンポジウム開催

鴻巣市:整備計画案策定支援
→12/10 市長プレゼン

前橋市:空家プロジェクト+BIDの検討
→継続して月1回の勉強会を開催(空家部会との共催)
広瀬川「タチヨル」プロジェクトのfacebookもご参照ください

長野市:システム導入・中長期保全計画策定協力
→11/2 来年度の打合せ

秩父市:整備計画案の検討
→現在休止中

御前崎市:庁内検討支援、整備案の作成
→12/19 庁内検討の支援

犬山市:中長期保全計画案の策定
→市の資料を基に計画案の作成

池田市:整備計画案の実施手法検討
→11/28(仮称)敬老の里プロジェクト基本構想の構築・市長プレゼン

廿日市市:整備計画案の実施手法検討
→引き続き実施に向けた支援

[追加]小田原市:FMシステム導入検討
→11/26 導入打合せ

BaSSプロジェクトとは?

※RISTEXのサイトもご参照ください
http://ristex.jst.go.jp/i-gene/projects/h28/project_h28_4.html

 

「地域を持続可能にする公共資産経営の支援体制の構築」
…という名前の研究プロジェクトです。

研究概要には以下のように本プロジェクトを説明しています。

---ここから---

 多くの地方都市では人口減少や少子・高齢化に伴い財政が悪化し、公共建築物や土木インフラなどの公共資産の維持・整備や運用にかかる経費の捻出が困難になっている。しかし、公共資産の現状把握が不十分なこともあり、自治体や住民の危機感は乏しい。

 そこで本プロジェクトでは、自治体職員が多世代の住民とともに地域生活の基盤である公共資産の望ましい姿を描き、実現させる支援の仕組みを構築する。具体的には、公共資産の老朽化や利用状況の評価を基に、将来世代を見据えた公共資産経営の方向を提示し、住民や議会も含めた合意形成に繋げていく手法を開発する。こうした知見を蓄積し、多様な地域を支援するプラットフォームの構築を目指す。

---ここまで---

このプロジェクトの英訳「Building a Support System to Public Facility Management for a Sustainable Region」の最初の方の頭文字をとってBaSSプロジェクトと名付けました。自治体・自治体職員だけでなく、住民や民間企業とともに積極的な提案を行うべく作業を行っています。今後ともご協力よろしくお願いいたします。

平成28年度JST/RISTEX「持続可能な多世代共創社会のデザイン」研究開発領域採用研究
「地域を持続可能にする公共資産経営の支援体制の構築(BaSS)」プロジェクト
代表 堤洋樹(前橋工科大学准教授)http://www.tsutsumilab.com/lab/